歯並びのでこぼこを歯を抜かずに治した症例

歯の並びのでこぼこ、ねじれがある場合、レントゲンや歯型などの検査・分析を行い、その結果、歯を並べるためのスペースの不足がそれほど大きくなく、歯を抜かずに並べても問題がなさそうな場合、また口元が多少突出しても顔ぼうに問題が出なさそうな場合は、歯を抜くことなく歯並びのでこぼこを治すことができます

非抜歯治療例

治療前 治療後



歯並びのでこぼこを歯を抜いて治した症例

歯の並びのでこぼこ、ねじれ、八重歯などがある場合、レントゲンや歯型などの検査・分析を行い、その結果、歯を抜かずに並べるのは生体にとって無理がある場合、口元が突出して顔ぼうが悪くなってしまう、などの場合は、ご相談の上、歯を抜いて矯正治療をする場合があります。
歯の本数が少なくなっても、矯正後、かむ機能が悪くなることはありませんし、きれいに整列し、歯磨きしやすい状態になるため、お口の中の健康を保ちやすくなります。歯を抜いた隙間は矯正できちんと閉じます。

抜歯治療例(上下小臼歯4本抜歯)

治療前 治療後

※症例写真はすべて当院で治療を行ったもので、患者様(保護者様)の使用許可を得て、掲載しております。 当ウェブサイト上のテキストや画像について、無断で転用、複製、引用、改変を行う事はお断りいたします。

▲ページトップに戻る