外科矯正(手術併用で顎変形症を治療) 保険診療可能です。 

上顎や下顎の骨の大きさや形・位置に問題がある、度合いの強い骨格性の反対咬合(受け口)、上顎前突(出っ歯)や顎が骨ごと横にずれている症例は、歯を動かす矯正治療だけではきちんと治せないため、ご相談の上、外科手術併用の矯正治療を行なう場合があります。                                             

外科矯正治療例(上の小臼歯2本抜歯)

治療前   治療後
 
度合いの強い反対咬合と偏位(下顎の横へのズレ)を伴うケース   術前矯正→外科手術→術後矯正で、噛み合わせだけでなく、下顎の突出感や顔の曲がり(対称性)も治すことができました。

※症例写真はすべて当院で治療を行ったもので、患者様(保護者様)の使用許可を得て、掲載しております。 当ウェブサイト上のテキストや画像について、無断で転用、複製、引用、改変を行う事はお断りいたします。

▲ページトップに戻る